住宅の外壁においては、現在、様々なものが使用されている。
それはALCから、タイル、また、従来のモルタルなど多くのものがありますが、一際サイディングは良く選べる建材だ。
サイディングは大きく分けて、窯業系と金属系に分かれてあり、おのおの特徴があります。広義にいえば、タイルなどにおいても現在は乾式工法が保ちられてあり、その下地としては窯業系の下地建材が用いられてあり、仕上材としてのサイディングと特性はおんなじものとなっています。
窯業系サイディングは、最も思い切り用いられてあり、また、その種類も数が多く、メーカーからは様々なシリーズとして販売されています。
材質においてはほとんどがセメント系であり、古くようにアスベストを使用して要る物は現在は流通が禁止されています。
ほとんどが塗装品であり単に使用できるのが最大のメリットですが、目地にはどうしてもシーリングが必要として経年劣化によって10年程度の打ち直しのメンテナンスが必要となります。
金属サイディングにおいてはメンテナンスには簡単ものが手広く、最大のメリットは凍害に強いということで、最近では種類においても商品が増えてきています。

サイディングの色は落ち着いたほうが無難

サイディングの色は、人物が自由に司ることが出来るので楽しみです。
建築のリフォームでは、行なう内容などは指定することが出来ますが、法律上の制約や、予算のこともあり、発注者が自由に上げることが出来る部分は限られています。
どうにか自由に設けることが出来るのですから、奇抜な色を選択したく変わるのも無理はありません。
しかし外壁のサイディングの色を派手にしてしまうと、周辺との町並みの調和を壊してしまい、住んでいる人の品性を疑われかねません。
周辺の町並みが、どういう色で構成されているかをかわいらしく見晴らし、歴史的な経緯も含めて結び付けることが肝要だ。
地域によりますが、暖色系のない系統としておけば間違いはありません。濃い系統は使用がむずかしく、プロも扱うのに躊躇決める。
特別の場合に限られるとして良いでしょう。たとえば、イベント会場などがそれに当ります。
建築の景観は外壁だけでまとまるのではなく、屋根や周辺の植栽を加えて始めて全貌が見えてきますし、クルマなどをアクセントとして奇抜にすることも可能です。

サイディングの見積もりにおける要素

住宅の外壁の材料にサイディングがありますが、その見積もりを依頼する場合には内容において注意をすべきことがあります。
サイディングの施工に関しては、通常、新築の場合には材料と施工費、そしてそれに付随するシーリングや下地となる防水シートなどが計上されますが、リフォームの場合には注意が必要となります。
リフォームの場合には、既設の外壁材の撤去を通して施工をするのか既設の上に施行をするのかではコストの上で大きな開きが出てしまうため、施工方法は業者によく確認をする必要があります。
また、問題になるのが一式計上に関してで、その場合には、どこまでの工事範囲が見積もりの中に計上されているか判断することが難しくなってしまい、これからトラブルの原因ともなる。
軒や窓廻りとの取り合い部分に増える工事や発生材の処分なども明確に提示してあるのか確認をすることが大事なこととなります。
また、材料費に関しても材料には部止りがあるために、材料の面積と賭けるための施工面積は異なる数量が計上達するのがふさわしい見積もり内容となります。

サイディングにおける具体的な相場

サイディングには色々な種類があり、じつは単価もことなる傾向にあります。
取扱う業者によっても相場は違うためまずはさまざまな業者に見積もりを事前に出して買うことが重要になってくるのです。
またサイディングの張替えに関しては、塗装より全体的な料金が2~5倍高くなるので、お財布とそれほど相談して判断して出向くという行動が不可欠になっていきます。
そこで、サイディングのそれぞれの特徴を以下に記してみます。
主に外壁は始終雨や風など自然の環境にさらされて傷みやすい箇所であるため、定期的に見ることが大事です。
木製では消耗度が強いということも有り得るため、最近は金属によることも多いのです。
それからもっぱら放置しておくと美観が酷く、雨漏りを引き起こす恐れも出ていきます。ことがあります。
環境面に手厚い木製か強度を意識しての金属かを冷静になって判断して行くことが重要にもなるわけです。
相場と照らし合わせながら見て行くのが大事です。

サイディングは価格を見て決める

家を組み立てる上で、外観の雰囲気を広く取り換えるのが「サイディング」だ。
サイディングというのは、外壁部分に張って出向く外壁材のことで、大きな面積を占めるために、素材の価格によっては予算も大きく変わる部分だ。
かず、どのような感じの外壁が良いのかが決まったら、イメージを建築業者に話しましょう。
そうするとイメージに合ったものをサンプルで見せていただける。
サンプルですと、必ずしも面積がちっちゃい為、本当に家に張ったイメージと違ってしまう場合もあります。
ですから、仮に希望のサイディングを張ったことがあるのなら、実際の家を見せてもらい確認をしてから定めるのが安心です。
価格だけで決めてしまうと、軽々しい感じの家になってしまう恐れもありますので、価格と予算のバランスをみてから設けるようにしたいものです。
また、家を建ててから10年毎くらいには、メンテナンスも必要になります。このあたりも頭に入れておくと、メンテナンスの時に焦らなくて済みます。

サイディングリフォームの見積もりについて

最近の建物の外壁に使われているサイディングボードのリフォームについては、リフォームの方法がいくつかあります。
一番ポピュラーなリフォームの方法としては、サイディングボードの上に新しく、塗装を重ねる方法が一般的になっています。
しかしながらこの場合、塗装する際にはボードと塗装の密着力について充分に確認をしておく必要があります。
もしも、不十分な場合、工事施工後にボードから塗装が剥がれて仕舞うという事例も少なからずありますので、工事会社に注意してもらい、丁重な作業をしてもらうことが必要です。
その他のリフォームの方法としては、ボードの上から新しくサイディングボードをくっつけるケースやサイディングボード自体も張り替えるケースもあります。
この場合、窓周りや屋根、バルコニー、玄関などの取り合いの収まりが、変わってきますので、工事後に雨水が建物中に入らないように十分に注意した施工が必要となります。
外壁サイディングボードのリフォームをする際に見積もりを取る際には、これらの施工方法について事前に検討した上で見積もりをとることが必要となります。

サイディングを耐用年数で選びたい

サイディングの寿命は、どの素材を選んでも30年~40年といわれています。
サイディングにとって太陽光・風雨・潮風・雪や凍結などの影響はものすごく、設置環境によって耐用年数は大きく変わってしまう。
またメンテナンスの有無もすごく耐用年数を左右するので、わが家にどのタイプを採用するべきか、またどのくらいでメンテナンスを施すべきかを知る必要があるでしょう。
≪窯業系(ようぎょうけい)≫
セメント質と繊維質が主な原料で、硬質で高密度、耐震性・遮音性・防火性などに優れています。現在の主流。
≪金属系≫
アルミ等の金属板に断熱材を裏打ちしたものが多い。軽量でヒビ割れや凍害・紫外線に強い。
≪木質系≫
断熱性能が厳しく、風合いが良い。環境に優しいがメンテナンスに手間が掛かる。
≪樹脂系≫
塩化ビニル樹脂が原料。塩害や凍害に著しく劣化や退色ばかりない。防火地域ではダメな事も。
サイディングのメンテナンスは主にシーリングの補修と塗替えになります。
窯業系は「色あせや粉吹き」金属系は「粉吹き」木質系は「色あせ」で塗替えだ。樹脂系は「汚れたら洗う」でOK。
シーリングは亀裂や剥離を見つけたら水がしみる前に打ち直しましょう。

サイディングの単価の価格相場

外壁は屋根の次に風雨にさらされて痛み易い個所であるため、引き続き放置しておくと美観が低いだけではなく、雨漏りを引き起こしてしまう。
雨漏りが起こると下地の木材を腐らせてしまうため、大掛かりな修理が必要になってしまう。
そこでそんなに達する前に適切な処理としてサイディングをすることになるのですが、気になるのはその単価などの価格相場だ。
サイディングの単価の価格は、その施工内容や使用するサイディング材のほかに、工法や外壁の面積を通じて色々変わってきます。
例えばガルバリウムという断熱入りのサイディングで外断熱望む場合は、建坪30坪の住宅で150万から240万くらいになります。
ワンフロアの80平米の住宅で、金属サイディングをする場合、25万円から180万円の価格相場が考えられます。
施工できる業者によってもかなり単価の価格は違ってきますので、何社かに見積もりを依頼して比較検討することが最適です。